デリバリースポーツスクール ウォーキング・ジョギング

デリバリースポーツスクール ウォーキング・ジョギング

デリバリースポーツスクール OvOらん RWSは、福岡でのウォーキング・ジョギングの足腰の負担を軽減するトレーニング教室があります!!

デリバリースクールおぼらん

■ウォーキングとは

説明するまでもないかもしれませんが、歩くことを主体とした健康法です。手軽に行えることから、 年齢を問わず広がってきています。 なんといってもウォーキングの特徴は、体内に酸素を取り入れながら運動する有酸素運動です。 脂肪燃焼から・美容への効果。 さらには 骨の強化・内臓の機能向上 ・記憶アップ などさまざまな効果が期待できます。日常のストレスから来る不調も改善されます。

骨の強化・内臓の機能向上 ・記憶アップ などさまざまな効果が期待できます。日常のストレスから来る不調も改善されます。 そして、ウォーキングの良い点は、とても気持ちが良いことにつきます。頭がすっきりして、良いアイディアが浮かんで来るので、重宝しています。

ウォーキング(walking)とは、歩くことによって健康増進を目的とした運動である。 運動の一種と考えてウォーキングをする場合が多く普通の散歩とは意識の点で異なる。歩く距離、歩数、時間などを計り運動量や消費カロリーを 定量的に知り管理することにより健康の維持や増進に役立てている。ウォーキングに適した服装や靴を準備して適切な姿勢で歩く。20世紀後半以降、 健康に対する関心が高まるなか、生活習慣病などの予防や対策のための手軽な運動としてウォーキングは推奨されている。 全国各地の自治体の健康関連部門など公的機関も、ウォーキングコースの設定、ウォーキング大会やウォーキング教室の開催などを積極的に推進している。 この背景には増大する医療費を少しでも抑えるために市民の健康増進を図る目的がある。

ウォーキングの利点としては、始める際のハードルが低いことが挙げられる。 各スポーツメーカーからはウォーキングシューズなどが販売されてはいるが、始める際には普段履いているスニーカーでも差し支えなく、 初期投資がほとんどかからない。また、道路や公園を利用する場合が多く、専用の器具や競技施設を必要としないことから、 いつでもどこでも行うことができる。さらに歩行さえ可能であれば、 高齢者や身体障害者でも自分のペースでウォーキングに取り組むことができる。一方で、ウォーキング中の交通事故や、 安易に過度に取り組むことによって脚を痛めるなどの危険もある。

ウォーキングは一人でもできるが、大人数が参加する多種多様なイベントが開催されている。愛好者が集う大会、 長距離を歩き自己の限界に挑戦する過酷なスポーツとしての大会、子供を対象に教育的目的で歩く大会などがある。


ウォーキング 

■ ジョギングとは


ジョギング(Jogging)とは、“Jog”という単語の本来の意味があらわしているように、 “歩くようなゆっくりしたペースで走ること”をいいます。 明確な定義はありませんが、120〜200m/分のスピードで走っていて、両足とも地面から離れる瞬間がある運動のことを、 ジョギングといっています。ジョギングは、1970年代に有酸素運動が健康におよぼす影響の重要性が強調されたことからアメリカで流行し、 それが日本でもブームとなったエクササイズなのです。

有酸素運動としてのジョギング ジョギングはセントラルパーク(ニューヨーク 、アメリカ合衆国)ジョギングは、一般的にランニングよりもスピードが遅く、 長時間の有酸素運動ができるため、健康に良いとされている。ジョギングとランニングの違いを具体的に明記するならば、 会話をできる状態にあるかどうかであるとされている。

「走る」と「歩く」の違いは両足が地面から同時に離れることがあるかないかにより分けられる。走る動作の場合、 両足が同時に地面から離れるので、 短いジャンプを連続的に繰り返していることになる。このため、着地時にかかとやヒザには体重の3倍から5倍の衝撃力がかかる。 体重の重い者や加齢により関節が弱っている者は、長時間走ることによって脚に障害を抱える危険性をもつ。 また走ることで心拍数が急激に増加するので、準備運動をせずに走り出すと循環器系統に過度の負担がかかる場合も多い。 以上の理由から、近年はより体への負担が少ないウォーキングへの注目が高まっている。なお、 ある一定以上の速さで歩いた場合には走る以上にエネルギーを消費するので体への負担が少ないからといって運動量まで少ないわけではない。

デリバリーウォーキング
ウォーキング

■ジョギング・ウォーキング


ジョギングもウォーキングとともに人気のある有酸素運動です。ウォーキングとジョギングは連動していて、 ウォーキングの延長線上にジョギングがあります。 ウォーキングから徐々にペースを上げ、片足で地面を蹴りだすと、体が宙に浮くようになります。

ウォーキングは必ずどちらかの足が地面に接していますが、ジョギングは両足が地面から離れている瞬間があります。つまり、 ある程度の高さから「片足で」着地するということです。 それだけ膝・足首・アキレス腱・腰などにかかる衝撃が大きいということでもあります。 着地の瞬間には体重の3〜5倍もの衝撃があります。体重が60キロの人だと、 180〜300キロもの衝撃がこれらの箇所に跳ね返ってくるのです。

しかし、このことはスポーツなどのために体を鍛えるという場合、ウォーキングよりも強い足腰を作れるということでもあります。


ウォーキング  おぼらん

デリバリーウォーキング
ウォーキング

デリバリースポーツスクール OvOらんはランニングはもちろん、ウォーキング・ジョギングの足腰の負担を軽減するトレーニングと有酸素運動の マラソン、無酸素運動の短距離走を熱心に指導します。
手始めにウォーキングしたい・手軽にウォーキングしたい・
そんな時は
RWSオボラン。

『OvOらん』には、様々な分野の熟練の講師陣が控えており、福岡での子供から大人まで幅広く走力トレーニングを行います。
有酸素運動のマラソン、無酸素運動の短距離走等のランニングと言えば
ランニングスクールのオボラン。



↑ ページの上部へ / 1つ前に戻る / トップへもどる

Menu

Outsourcing


HPアドレス メールアドレス TEL はこちらから

有酸素運動と無酸素運動

人間の運動の種類は有酸素運動と無酸素運動の2種類

ランニングとスイミング

ランニングとスイミングが有酸素運動の代表!?