デリバリースポーツスクール OvOらん
手軽な運動のランニングとスイミングとは…

ランニングはランニングに適したしっかりしたシューズさえあればどこでも出来ます。 またスイミングも最近は公共のスポーツ施設にポールがよくありますし、足腰への負担が非常に少ない運動で足腰が弱っている方でも故障する心配がありませんから、ランニングと組み合わせると最高です。 両方ともダイエットに必要な有酸素運動にとっても適しています。

スイミングは浮力のおかげで体に負担を掛けずに運動ができ、水圧により血行促進し、熱の生産量が増えて消費カロリーをアップすることが出来ます。また、自律神経が活性化して、ストレスを和らげる事も解っています。

ランニングは走ることに集中することで、五感が鋭くなるともいわれています。それとランニングは、身体を鍛えるだけでなく、脳を若返らせることもできることが解明されています。 海馬で新しく産み出される神経細胞の数が増加するため、老化で低下した「新しく神経を作る力」が、運動等によって再び活性化することが解明された。つまり、運動という外部からの刺激によって脳が若返ることが解ったのです。

ランニング

■「走ると身体にいい」という理由

人間は休みなく呼吸することによって、空気中の酸素を体内に取り込んでいます。 その酸素は、体内で脂肪や炭水化物(グリコーゲンやブドウ糖)を燃やしてエネルギーを作り出しているのです。 こうして作り出されたエネルギーは、私たちが生きていくために必要不可欠です。 脳も、神経も、内臓も、筋肉も、体内に酸素を取り入れなければ正常に働くことはできません。つまり、人間が健康的に生活していくためには、体内に酸素を取り入れる必要があります。

その能力の指標となるのが「最大酸素摂取量」で、 1分間に、体重1kgあたり、最大で何mlの酸素を取り入れられるかで決まります。研究によれば、1km7分ペースで移動するような強度の運動(ゆっくり走るペースです)をしていると、 40ml/kg/分の最大酸素摂取量を維持できることがわかっています。

運動によって体内の酸素の必要量が高まるため、それを取り入れる能力が鍛えられるのです。いきいきと活動的な生活を実現するための最低ラインは、30ml/kg/分以上とされます。 これを維持するための1km7分というペースは、歩くのはちょっと大変。やはり、 ごくゆっくり走るペースとなります。これが「走ると身体にいい」という理由のひとつなのです。

ランニングとスイミング

■そこで注目されるのがランニング/スイミング

これは簡単にいうと、一番簡単で手軽に出来るからです。 特にランニングはランニングに適したしっかりした シューズさえあればどこでも出来ます。またスイミングも足腰への負担が非常に少ない運動で足腰が弱っている方でも 故障する心配がありませんから、 ランニングと組み合わせると抜群です。

両方ともダイエットにも必要な有酸素運動にも非常に適しています。そして、重要なことは続けることです。 いくら効果がある運動でも続けることが出来なければ全く効果は出ません。 ランニング/スイミングを組みあわせてもいいですから週何回くらいのペースでやっていけると良いでしょう。

スイミング

■スイミングは「全身」を使う最適な運動
スイミングは全身運動であり、泳ぐ時に起こる水の抵抗が掛かるため、カロリー消費が高くなる効果が期待できます。 また、水の浮力に助けられ身体の間接に無駄な負担が掛からないので、スポーツ障害の少ない安全な運動と言われています。 また、スイミングは有酸素運動のため、脂肪を効率的に燃やす事ができ、有酸素運動を行う事で 心肺機能を鍛える効果も備えています。

水泳は全身の筋肉を使った運動であり、水圧によるマッサージ効果によって全身の血行が促進されることから、 健康維持に有効な運動として注目されている。また、浮力によって重力による負担が軽減されるため、 ヒザなどへの故障が少ないことから、リハビリテーションとしても積極的に活用されている。


↑ ページの上部へ / 1つ前に戻る / トップへもどる

Menu

Outsourcing


HPアドレス メールアドレス TEL はこちらから

有酸素運動と無酸素運動

人間の運動の種類は有酸素運動と無酸素運動の2種類

ランニングとスイミング

ランニングとスイミングが有酸素運動の代表!?

ダイエット

福岡のランニングダイエット