デリバリースポーツスクール OvOらん
人間の運動の種類は有酸素運動と無酸素運動の2種類に分かれ、エネルギーの元になる物質も2つあります。

有酸素運動(酸素を使って脂肪と糖質を消費)と無酸素運動(筋肉中のグリコーゲン(糖質)を消費させる急激な運動)の2種類

無酸素運動

■グリコーゲン

1つ目は筋肉の中のあるグリコーゲンで、これは無酸素運動つまり比較的急激な運動、強い負荷の時に使われ、 これが消費されると疲労物質である乳酸に変化し筋肉痛が発生します。 例えば100m走とかの短距離走や激しい運動になります。

有酸素運動

■脂肪

もう一つは脂肪です。有酸素運動のエネルギーです。この脂肪は、比較的負荷が小さな運動、 有酸素運動の時に消費されるエネルギーで、ご存じ有酸素運動の代表はマラソンです。

ダイエット

ダイエットや健康目的の場合は、有酸素運動のほうになります!  無酸素運動は瞬発力を鍛えたりして、スポーツの技術の面ではとても大切な物になり、 ダイエットや健康という面ではあまり役に立ちません。

有酸素運動こそが脂肪をエネルギーに変える運動で、ダイエットに必要な運動となります。 したがって、 ダイエットに必要なのは有酸素運動ということになります。 息切れするような運動、筋肉痛を起こす運動は不向きになります。


↑ ページの上部へ / 1つ前に戻る / トップへもどる

Menu

Outsourcing


HPアドレス メールアドレス TEL はこちらから

有酸素運動と無酸素運動

人間の運動の種類は有酸素運動と無酸素運動の2種類

ランニングとスイミング

ランニングとスイミングが有酸素運動の代表!?

ダイエット

福岡のランニングダイエット